検索
  • おかだなおと

イタリアンレザー 『マレンマ』


新たなレザーバリエーションをもう一種「マレンマ」。

ブッテ―ロと同じくイタリアのワルピエ社で鞣されている革です。


マレンマとはトスカーナ地方のフィレンツェから南に150kmほど離れた街の名。

現在は干拓され、ブドウ畑広がる世界的にも有名なワインの生産地ですが、かつては大部分が湿地帯だったそうです。


マレンマという革はその湿地帯を連想させるほどにたっぷりとオイルを含ませて仕上げられています。

革を押したり、引っ張ったりするとオイルが繊維内を移動するプルアップ効果で表面の表情も非常に豊か。

ひっかき傷なども使っているうちにすぐ馴染ませてくれます。

エイジングのスピードは速く大胆に色と艶を増していきます。




魅力あふれ、堅牢な素材ですが使用上の注意点もあります。

溢れるほどにオイルを含んでいますので、使い始めはオイルと共に染料が少し表面に出てくるため、強く衣服と擦れると色が移る場合があります。

エイジングが進むにつれて、色移りはなくなっていきますが初期段階ではご注意ください。

こちらでバフ掛けすることによって幾分エイジングを進めることもできます。

写真左側がエイジングを進めたもので、光沢も出ています。

変化の幅を楽しみたい方は、右側のようなマットな感のある素材のままで縫い上げるお届けします。


使うことが楽しい、良点の沢山ある素材です。

選択肢の一つとして、ぜひご検討を!

最新記事

すべて表示

輸入材の価格が随分高くなりました。 ヘンテコなウイルスと戦争の影響もあり、ここ数年で激しく変動したのは確かですが、価格の上昇は随分前から続いています。 少なくとも僕が仕事をするようになってからはずっと。 仕事を教えてくれた一世代前の人達の中にも「以前より安くなったわー。」なんて言う人を見たことがないので、もっと前から。 そして、大きな問題は価格に反比例して木材の質は低下を続けていること。 高価で質