検索
  • おかだなおと

カタチを探る。

更新日:10月6日


数度の試作を経て、コーヒーテーブルの形状がひとまず決定。


脚は細めでスッキリ、天板はボリュームを感じるように。

スラッとしたのとぽっちゃりしたもの。

色んな要素を組み合わせた上でバランスがとれれば、飽きのこないモノになりそうだと思い。



天板の面取り。

北半球と南半球は違うアールの組み合わせ。

同じ円弧で半円形だとちょっと退屈なので、変化をつけて。

ソンブレロ帽のような感じが出て、ちょっと気に入っている。




コーヒtーテーブルは天板面積が大きくないので、載せたものが落下しやすいので、縁を立ち上げる形状にして、落ちにくいようにしています。

立ち上がりのエッジ形状も色々試して、こんな形状を採用することにした。


とりあえず納得いったので、このカタチで商品化。

また何か思いついたら、また試作段階に戻して、カタチを探ろう。


終わりがないっていうのはとってもいいこと。

糧も得なければならないので、所々で区切りもつけるんだけど。

自己満足に陥らないように、常に探り探りで、少しずつでも成長していければと願っております。