検索
  • おかだなおと

パイプ形状の部材の製作。

更新日:2021年5月13日



木製で扉の丁番を作ろうと思い、試作を重ねているところ。

棒のど真ん中に穴を開けるのがなかなか難しい。


木材は繊維に直行する方向に穴を開けるのは比較的容易。

でも、自然環境で立っている上下方向に精度よく穴を開けるのはなかなか難しい。

繊維に導かれてしまって、狙い通り真っ直ぐいかない。


最初は棒を作ってから穴を開けようと、あれやこれやと試していたのだけど、どれも失敗が多い結果に。

ならばと角材に穴を開けて、それから旋盤で周りを削ってみてはどうかとやってみる。






色々な方法を試した末に、なんとか誤差0.1mm程度作る方法を見つけた。

鉄鋼用の精度の高い機械を導入すればなんてことないんだろうけど、そんなことをしていては採算が全くもって合わなくなる。

出来る限り工夫で乗り切る。




このパイプを並べて使い丁番にする予定。


試作にメチャクチャ時間が掛かったけど、とりあえず何とかなりそうで一安心。


最新記事

すべて表示

輸入材の価格が随分高くなりました。 ヘンテコなウイルスと戦争の影響もあり、ここ数年で激しく変動したのは確かですが、価格の上昇は随分前から続いています。 少なくとも僕が仕事をするようになってからはずっと。 仕事を教えてくれた一世代前の人達の中にも「以前より安くなったわー。」なんて言う人を見たことがないので、もっと前から。 そして、大きな問題は価格に反比例して木材の質は低下を続けていること。 高価で質