検索
  • おかだなおと

座面の張替え。


10年ちょっと使ってもらっているスツール『まめ』。

汚れが目立つようになってきた布地から革へと張替え。


使ったのは、Kuduというウシ科ブッシュ属に分類されている偶蹄目の革。

クードゥーはウシ科だけどシカに似ていて、背中に縞模様があり立ち姿が凛々しい動物。

アフリカのかなり広い範囲に生息していて、オスは緩やかに螺旋を巻く美しい角を持っている。

検索してみると、角で付き合っている画像も沢山あったので、線のような傷はその時についたものかも。

「だったらこいつはオスなんかな?」と想像しながら作業した。

肉は食用として現地で消費されているとの事。



柔らかさもある素材なので裏側も皺なくきれいに仕上げることが出来た。

座り心地も優しい感じがあってなかなか良い。



張り替えたことで、スツール自体の存在感もぐっと増した感じ。

個性的な革の表情を日々楽しみながら、長く愛用してもらえればと願っています。



最新記事

すべて表示

輸入材の価格が随分高くなりました。 ヘンテコなウイルスと戦争の影響もあり、ここ数年で激しく変動したのは確かですが、価格の上昇は随分前から続いています。 少なくとも僕が仕事をするようになってからはずっと。 仕事を教えてくれた一世代前の人達の中にも「以前より安くなったわー。」なんて言う人を見たことがないので、もっと前から。 そして、大きな問題は価格に反比例して木材の質は低下を続けていること。 高価で質